FC2ブログ

中堅校に合格するために



今日は

中堅校に合格するために

どうしたら算数で点数を稼ぐことができるのか

そのことについて書きたいと思います

( 難関校に関しては後日書きます )

・・・

まず

中堅校ですが

具体的に学校名を書いておきます

日大日吉 法政二中 明大中野 成城 中大横浜 神奈川大付属 青山英和 など

実は

ご存じの方も多いと思いますが

これらの学校が一番激戦なのです

昨日も書きましたが

実質の倍率が3倍か

受験日によってはそれ以上の倍率になります

確かに 能力の高い子にとってはいとも簡単に合格できますが

これらの学校を第一志望の子にとっては

かなり高いハードルになります

・・・

さて

これらの学校に合格するためにやることですが ・・・

その前に

まず

これらの学校の算数の入試問題おいて共通することを2つ書いておきます

一つ目は

基礎をしっかり固めていけば

その延長上で解ける問題だということです

2つ目は

本番で

7割以上得点しないと合格点にたどりつかないということです

ようするにミスをすると合格できないということです

・・・

さて

やるべきことですが

ここまで書けば分ると思いますが 

やはり 基礎を強固に固めることです

テキストの解き直し 予備問の解き直し を最後の最後までやることです

そして

これまで以上に

今後 大切にしてほしいものがあります

それは

写真に写っている 『 計算 + 一行問題 』 です

テキストや予備問は単元別の学習です

 『 計算 + 一行問題 』 は総合問題です

そのために

単元別に学習したことを

まとめてくれる働きがあります

これまで以上に

 『 計算 + 一行問題 』 に意識を向けてしっかり解いて下さい

・・・

今年の春

神奈川大学附属を受験して

算数で9割とった子がいました

その子が主にやったことは

テキストの解き直し 予備問の解き直し

そして

 『 計算 + 一行問題 』 でした
Category: RONの風景