fc2ブログ

①の存在

分数の割り算は、どうして、分母と分子をひっくり返して
掛け算にするの・・・・・・?

1より小さい数で割ると、どうして数は大きくなるの・・・・・?

小学5年か6年か忘れましたが、寝てもさめても、このことを考えていたことを覚えています。

その考えている過程の中で、もとになる数①の存在を実感することができたのです。

つまり、割合の概念が私の頭の中に出来上がったのです。

その時から、算数の問題を解くことが楽しくなった記憶があります。


最近、この①の存在を、どうしたら、算数ができない子たちに実感させる
ことができるのか考えています。